AI・ディープラーニングの注目銘柄:NVIDIA

この記事は約3分で読めます。

こんにちは、麻酔科医ふみふみ(@anesth_investor)です。

今回は僕が以前から注目・保有しているNVIDIA Corporation(NVDA)についてお伝えしてみたいと思います!

来週には決算発表も控えていますので、財務などの詳しいことはまた改めてやりますね!

それでは、お付き合いください〜!

NVIDIAってどんな会社?

カルフォルニアに拠点を置くGraphics Processing Unit(GPU)メーカーです。

GPUとは、コンピューターのグラフィックス処理や高速演算を行うPCパーツのことです。

そして、こんな見た目をしています。

イカツイですね笑!

数年前にCMで有名になった『Intel、入ってる』はコンピュータの頭脳であるCentral Processing Unit(CPU)のことですが、GPUはこれとは全く異なる性質を持った演算パーツです。

CPUとGPUの違いに関しては、もう1記事書けちゃうくらい長くなるのでごく簡単にしますと、

CPU:異なる複数のタスクを同時にこなすマルチプレイヤー

GPU:高速演算職人

です笑!

雑ですね、すみません。。。詳細は下記参照です!

[5分で理解]GPUとは?CPUとの違いや性能と活用 | カゴヤのサーバー研究室
GPU(Graphics Processing Unit)とは、コンピューターにおける処理のうち、画像処理を得意とする処理装置です。処理装置として有名なCPUとほとんど同じ役割を担いますが、計算難易度やコア数などが異なります。ここではGPUについてCPUと比較しながら、わかりやすく解説していきます。

ちなみに僕のデスクトップPCにも同社のGeForce RTX 2080を搭載してます〜。

 

NVIDIAが支える2大分野

そして、NIVIDAのGPUは今最も熱い2つの分野を支えています!

それは、

・ゲーム産業

・人工知能(AI)およびディープラーニング

e-Sportsの盛り上がりや、昨今の巣篭もり生活でますます需要を増しているゲーム産業。そして、ゲームの美しいグラフィックの裏には、高性能コンピュータによる高速計算処理が行われています。

また、あらゆる分野での応用が今まさに進んでいる人工知能・ディープラーニング

人工知能を作る方法の代表的なものがディープラーニングという技術なのですが、その過程で膨大なデータを処理するために強力なコンピュータリソースを必要とします。

ディープラーニングは、画像認識自動翻訳自動運転、様々なデータ予測遺伝子解析創薬などあらゆる分野での応用が研究されており、今後の世界を変えていく技術と言えるでしょう!

人工知能・データサイエンス研究用コンピュータにはほぼNVIDIAのGPUが搭載されおり、この分野でのNVIDIAの重要性は不動のものとなりつつあります!

まさにNVIDIA製GPUは人工知能開発を支えるエンジンです。

NVIDIAは家庭用ゲームPC向けから研究機関向けまで様々なGPUを生産しており、今後の2産業の発展は同社のさらなる成長に繋がると考えられます!

NVIDIA® TITAN RTX (出典:https://www.nvidia.com/)

 

NVIDIA製GPUは人工知能研究のエンジン!

5/21に四半期決算が控えてますので、財務内容に関してはそれを待ってから詳しくみていきましょう!

次回も乞うご期待!!!

ぜひ感想も聞かせてくださいね〜!

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました